アートメイクは年齢も考慮して!

すっぴんでは出かけられないくらいに眉毛が薄いです。
それなのに眉毛の周りにばかり無駄な眉毛からちらばった毛が生えて、抜かないとおかしいくらいです。
毛さえ書けば、他の部分は化粧しなくても外出できるくらいに眉毛の薄さだけが目立ちます。
毎朝化粧するのが面倒だったので、若い頃に眉毛のアートメークを入れたんです。
髪の毛に合わせて自然な色を選べるし、天然素材を使用しているので薄くなってくるから形はいつでも変えられるということでした。
当然薄くなってくるので1年に一度は色の入れなおしをしなくてはいけませんが、海や温泉に行ってすっぴんになってたりしても、眉毛の事を心配しなくてもいいので気分がとても楽でしたね。
もうずっとそうしてきましたが、今はそのアートメイクの眉の形を変えたくなってきました。
若い頃に入れたので、当時の服装やメイクに合わせたやや上がり気味の眉なんです。
今は年齢的にも落ち着いた服が多くなったので、ナチュラルな山のない眉毛にしたいと思っています。
眉毛が薄くても悩みましたが、今はアートメークがなかなか落ちなくて悩んでいます。
今は結局ペンシルで書いてごまかしていますが、早く色が落ちてもらいたいです。

毎回、違う眉毛になってしまう私

生まれつき、眉毛が薄く、適度に手入れを行っていますが、それでも朝の洗顔後には必ず眉毛を描かないと人前には出ることができません。
生まれつきですので、他にどのような対策も思いつかず、効果もなかったために今までの手入れ法で過ごしていかなければならないと思っています。眉毛の悩み解決にはマユライズがおすすめです。
眉毛は顔の中で重要なパーツの一つですし、眉毛によって表情は左右されると思っています。
ですから、眉毛がはっきりしていることによって他人から見た私自身の印象は違ってくるのだと思っていますので、外出時には常に描いた眉毛が消えていないかを気にしています。
汗などで少しでも描いた眉毛が薄くなり、消えてしまえば印象はガラリと変わってきますし、タオルで拭う時にも慎重にならなければなりません。
また、温泉を楽しむ際にもメイクを落とすので眉毛は消えてしまい、あまり顔を上げることができず、楽しみも半減してしまいます。
学生の頃は特に気になっていて、今では多少の免疫はつきましたが、それでも堂々と顔を上げることができずにいます。
毎回、毎回、その日の感覚によって眉毛を描いているので同じ眉毛の形になることもなく、悩んでいます。

眉毛が薄くて最近の流行りのメイクがうまくできない

私は昔から眉毛が薄くて必ずメイクの際にはしっかりと眉毛は描きたしていました。
しかし最近の太眉ブームになってから、濃く太い眉毛になるとやっぱり自眉が薄いことが際立って、描いているのがバレバレになってしまうのであまりうまくできません。
自分も流行りのメイクを試してみたいのですが、薄い眉毛はどうすることもできず無理して描くとすごくメイクが濃く見えてしまうのでやはり断念せざるをえません。
更に普通に眉毛がある人たちに比べて描く部分が非常に多いので左右対称にすることも難しく、メイク時間も思った以上にかかってしまいます。
最近は太眉に加えて短めバングも流行っているので、流行りに乗ってしまうと隠しようがなくどれも私には実践できないことばかりです。
眉マスカラを使って色を変えたり、毛並みを整えたりと眉毛に対していろんなメイク方法が流行っているのも見ているだけで薄くて短い私の眉毛にはどれも活用できそうもありません。
早くこのブームが去ってまた短め眉毛や細めの眉毛が流行ることを祈りつつ今はとにかくメイクの技術を向上させて少しでも理想の眉毛に近づけたいと思います。